エプロンのひとりごと

しがないアイドル好きの気持ちのごみ箱

これは勝ちです

終わりましたね、武道館。

 

結局あれからいろいろあって、全然気持ちの吐露はしなかったわけですが

見て頂ければわかる通り、

 

「終わらせたくない、終わらせるもんか」

 

ぐらい強かった気持ちから

 

「素敵な思い出をありがとう。このまま終わってしまうとしても、悔いはないな」

 

ぐらい穏やかな気持ちになりました。

 

 

なんといってもこれは武道館2日目、

我らがセンターのおかげだと思います。

 

"スタート当初を考えたら今はこんなにも積み上がったものがある"

"失ったものは何もない、これは"勝ち"です"

 

こんな事言える22歳います?

少なくとも私の周りにはいなかったと思う。

 

 

私が追いかけ始めたのはアプリ配信ちょっと前くらいだったかな

本当に最初から、あるいは途中から、あるいは武道館から…

ドリフェス!に少しでも関わってくれたみんなの力でここまで来たんだって

 

本当に幸せな時間でした。

 

 

武道館1日目はもうぐちゃぐちゃだったのね、心が

ああ本当に終わっちゃうんだな、とか

もっとあの時こうしていれば、とか

いろいろ考えて友達と話して

 

明日はどうなっちゃうんだろう…って

楽しみもあったけど不安でいっぱいだった

 

最悪、月曜日会社休もうとまで考えた

 

 

でも大丈夫だったんですよ

 

 

2日目はやっぱりみんなの事笑顔で送り出したいなって思ったから

最後の最後まで泣かないでおこうって思ってて

(まあ最初のAFSで無理だったんですけど)

 

なんとかスピーチまで耐えて…

 

スピーチ、

 

 

スピーチさあ…

 

 

 

 

スピーチずるかったなあ〜〜!!!!!!!

 

 

 

株さんも公人くんもかおるくんもおおたくんもとみーもみぞたくも

 

誰かが話す度どこかですすり泣く声が聞こえて

 

泣かないでおこうって思ってたけどそんなの無理で

 

みんなの話と声につられてめちゃくちゃ泣いた

 

泣いてない人いないんじゃないか?ってくらい周りもめちゃくちゃ泣いてた

 

 

 

わかる

 

 

だって好きなんだもん、ドリフェス!

 

 

 

このまま悲しい気持ちで終わるのかなって

 

 

その空気を変えたのがセンターだった

 

 

 

"スタートした時からは考えられない、夢のステージ

 

みんなで来た武道館だから、誇っていいよ

 

何も悲しくないよ

 

みんなの中で彼らは生き続ける"

 

 

 

 

心の底から大好きだなあって思った

 

 

 

2次元のみんなも3次元のみんなもスタッフさんもファンも関わってくれたみんな全てに感謝の気持ちしかなくなった

 

そっか、何も減ってないんだ

ここで終わりなんだって悲しくなってた気持ちを、

我らがセンター天宮奏こと石原壮馬くんが晴らしてくれました

 

 

この言葉が無かったら、私は今もうなだれていたかもしれない

 

 

悲しいし寂しい気持ちは変わらないけど、

 

たしかに明日へ進む勇気を、

サイコー超えたその先を

 

見せてもらったなあと思いました。

 

 

 

その日はやっぱりまだいろいろな想いがあって

次の日もぐちゃぐちゃになりながら会社に行ったりして

 

でもなんか、悲しいだけじゃない気持ちがそこにあって

 

やっと武道館1週間後にたどり着いたなって気持ちで今まとめています。

 

 

"流した涙の重さだけ  心は軽くなっているはずだよ"

 

本当にそうだなって実感しているところです。

 

 

 

彼らがくれた約3年間は、私にとって本当に大切なものだった。

 

一緒に参戦してたディアドリーマーとの思い出でもあるし、

彼らの成長の軌跡を見守ってこられた思い出でもある。

 

いろいろなイベントにも行ったし

DearDreamが出なかったら行かなかったであろうライブとかフェスもあった

 

キャラクターにお手紙書いたり、楽屋花出したりフラスタ出したり…

 

ドリフェス!があったからできた

初めての経験もたくさんあったなあと思う。

 

 

武道館の思い出をひとつひとつ語り始めたらきりがないけど、

 

どのステージもキラッキラで、

 

たしかにそこにアイドルがいて

 

サイコー超えたステージだった。

 

 

 

 

幸せだなあ。

 

 

 

 

こんなに幸せな気持ちをくれてありがとう。

 

 

 

かの大スター宮いちごさんも、

「歌を聴いてくれたみんなが素敵な明日を迎えられるように」と

歌を歌ってくれましたが

 

 

彼らもまた、

「私たちが明日に進めるようなステージ」に

連れて行ってくれたなと思います。

 

 

 

 

これからも私の中でみんなは生き続けるから、

 

寂しくないね。

 

 

 

 

 

今日を絶対超えてくって誓ったから

サイコー超えたその先もきっといい日!!!

 

みなさんの明日も素敵な1日になりますように

f:id:parutmnm7:20181028170427j:image