エプロンのひとりごと

しがないアイドル好きの気持ちのごみ箱

ドリフェスが終わるということ 04

ドリフェスって素晴らしいな…。

毎日1st LIVEを見返している。

 

そういえばいつか誰かが、

ライブでフライング(飛ぶやつ)したい、とかトロッコ乗りたい、とか言っていた気がする。

(私の記憶違い&願望だったら大変申し訳ないがフライングは確実に言っていたと思う)

 

武道館では構造上、トロッコは難しいだろう。

フライングは…たぶんできる。と思う。

 

どっちも叶えさせてあげたかったし、やっぱり彼らにまだまださせてあげたいこと、たくさんあるなって思った。

 

 

私が彼らのおかげで初めてやったこと、体験したことがたくさんある。

そのお返しがまだまだできてないんじゃないかと思う。

 

元々重度のオタクである私はアニメ雑誌こそ頻繁に買っていたが、

あんなキラキラしたイケメンばかり載っている雑誌を買うことになるとは夢にも思わなかった。

 

Zeppのようないわゆる”ハコ”でのライブも初めてだったし、

事あるごとにイベントに足を運んだのも初めてだった。

 

何より私がイケメンを追いかけることになろうとは。

(独断と偏見によりずっとイケメンには抵抗があったので、某大手アイドルを追いかける友人達を他人事だと感じていた。)

 

 

彼らが動き出した頃、ファン層は二分されていたと思う。

アイカツ!等女児向けのファン層と、俳優であるキャストを応援していたファン層。

 

でもドリフェスというプロジェクトが広がるにつれ、アイドルオタクや友人の紹介で飛び込んでくれた人など

本当にいろいろな人がドリフェスを愛してくれるようになった。

 

もちろんこれはあくまで私の所感で、何か区別する意図があるわけではない。
何しろ彼らを応援するのに遅いことなんてないし、入り口はどこであれドリフェスを愛しているのであればみんな友達!そう、Friends!である。

 

 

彼らの努力と成長を考えればこの人気は当然!と言いたいくらい、なるべくしてなった人気だよなぁと思う。

 

一度でもライブを観たり参加したりした人はおわかりだろうが、とにかく”あたたかい”空気が漂っている。(もちろん温度の問題ではなく!)

 

こういう空気感が出来ているのも、キャストの皆さんによるところが大きいのだと思う。

 

 

本当に引っ張ってきてもらったし、連れてきてもらった。

充分すぎるくらい、夢を見させてもらったなぁと思う。

 

でも、まだまだ。

私も皆さんもきっと欲張りだから、この先を望んでしまうのかなと思う。

 

今、ハマったよ!って方もこれからハマるよ!って方もきっといる。

だからまだ諦めないでいようね。

 

ー奇跡にも届くって 信じてるんだ

Dear Dream!